髪が薄い男性

AGAとは成人の男性に発生する脱毛症のことです。それは進行形の脱毛症で、男性型脱毛症という意味です。もっとも大きな原因は男性ホルモンのジヒドロテストステロンにあります。ジヒドロテストステロンは、男性機能を成長させる作用があるからです。しかし、成長期が終わったジヒドロテストステロンは不要になり、悪玉男性ホルモンと変身します。運動不足やストレスなどで増えたジヒドロテストステロンが、脱毛症を進行させるのが原因です。

悪玉男性ホルモンによってAGAになる

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンに酵素が結びついたものです。テストステロンは男性には必ず必要なホルモンで、筋肉を増やしたり脂肪を減らしたりする機能があります。しかし、テストステロンが悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンになることで、やっかいな問題を引き起こします。

悪玉男性ホルモンになったジヒドロテストステロンは、血液を通して全身にいきわたります。その一部は毛髪の元となる毛母細胞に悪影響を与える作用があることがわかっています。過剰なジヒドロテストステロンの発生により、脱毛作用が強くなり、生え変わりサイクルが狂うことでAGAが進行するのです。

髪の毛は細くて短いままで抜けていくので、長い毛や太い毛はどんどん減っていってしまいます。人によって脱毛の度合いは個人差があります。生え際の髪の毛が減ったり、頭頂部が薄くなるなど脱毛の具合は様々ですが、すべてはこの悪玉男性ホルモンが原因です。

女性にも少ないですが、男性ホルモンは分泌されています。女性の場合、男性ホルモンは副腎皮質で作られています。女性が薄毛になるのは、女性ホルモンが減ってしまう閉経後がほとんどです。女性は頭頂部や生え際が薄くなるのではなく、髪全体のボリュームが減るのが一般的です。

テストステロンが減ってしまうと、が増えることになります。テストステロンは男性の精神力や闘争心などを増やすのに役立つホルモンですが、毛髪や体毛を丈夫にする作用もあります。髪の毛にかかせないケラチンというタンパク質にも必須のホルモンです。適度なテストステロンの増加は、AGAを進行させないためにも大事なことです。

ジヒドロテストステロンの働きを抑制させるためには、生活習慣を見直すことも大切です。食生活や睡眠、運動、ストレスの軽減などがホルモンを増加させます。亜鉛やイソフラボンなどは、酵素を阻害する効果があるので有効です。大豆やレバー、牡蠣などに亜鉛やイソフラボンが豊富に含まれています。

睡眠不足はテストステロンを減少させる原因となります。就寝前の飲み過ぎや食べ過ぎは、十分な睡眠の妨げになります。適度な運動もテストステロンを増加させるので、積極的に行うようにしましょう。

AGAは生え際や頭頂部が薄くなっていく

AGAは、生え際や頭頂部が薄くなっていくのが特徴です。これは生え変わりサイクルが乱れて髪の成長期の期間が短くなるためです。髪が太く長く成長しない前に抜け落ちてしまい、抜けた部分の生え際や頭頂部が薄くなります。生え変わりリサイクルは、普通は3年から5年ですが、AGAの人はこのサイクルが乱れています。

生え変わりサイクルが乱れる理由は人により様々ですが、遺伝と大きな関係があります。特に母方の家計に遺伝子を持った人がいれば、隔世遺伝すると考えられています。こうした薄毛は遺伝だからといって悲観的になる必要はありません。適切な処置で進行を遅らせることも可能です。

専門クリニックでは内服薬で治療をすることができます。内服薬のプロペシアは酵素を阻害することで、ジヒドロテストロンの生成を抑制することが可能な薬です。ジヒドロテストロンの生成を抑制することができれば、テストステロンの増加にもつながります。

ジヒドロテストロンはムダ毛や大量の皮脂などを生み出す悪玉ホルモンですが、成長期にはとても大切なホルモンです。ジヒドロテストロンは外性器を発達させる作用があるホルモンです。そのため、妊娠中の女性がプロペシア等の内服薬を服用すると、赤ちゃんに影響がでることがあります。一般的には女性にはプロペシアを処方せずに、外用薬などで治療するのが普通です。

細くて短い髪の毛が枕やシーツなどによく落ちているようになったら、薄毛が進行しているかもしれません。洗髪したあとに髪の毛がベタッとして、ボリュームが減ったと感じたら要注意です。そのほか、エレベーターなどに乗った時に何気なく後ろ姿をみたら、後頭部が薄くなっていたと感じたら危険です。集合写真で自分だけ他の人より頭頂部が薄いと感じたら、AGAが進行している可能性があります。

こうした髪の毛の異変に気がついたら、できるだけ早く対処することをおすすめします。育毛剤や髪に良いとされるサプリなども発売されています。過度なドライヤーやブラッシングも薄毛の一因です。
喫煙も薄毛と大きな関係があると忠告されています。特に1日20本以上タバコを吸う人は、AGAになるリスクが高くなることも考えられるので要注意です。